« 線でつながってることがデメリットになりかねないケーブルテレビ | トップページ | ラジオが好きなんですけど »

2014年2月 3日 (月)

V-High放送の追加認定で地上波の4K化が絶たれた

先日締め切られたV-High放送の追加申請の結果が公表されました。申請を受け付けてしまった以上、今更なにか言っても始まりませんが、2つの点を指摘しておきたいと思います。

その1 余った8セグをどうするのか
下の図を見てください。これは総務省資料に私が追記したものです。事実しか書いてないのですけど、要するにV-High放送というのは、地デジ化で地上波テレビが全部UHF帯に移動してハイビジョン放送を始めたので、もともと使っていたVHF帯が空いたのです。(正確にはわあわざ膨大な税金をを使って空けたわけですけど)で、その時の約束は、アナログ放送の跡地(これをホワイトスペースと読んでいます)では「高機能な放送サービスを行う」はずでした。

そこで登場したのがNOTTVですが、NOTTVは13セグメントという電波の量(幅と行ってもいいですが)しか使っておらず、V-Highには33セグメント用意されたので、20セグメントは1年半以上使われていなかったわけです。なぜかって、ドコモ以外のケータイキャリアが参入しなかったからです。さすがに税金を使って空けた貴重な電波が、このまま使われないのはまずいということで、総務省は大急ぎで今回の再募集をしたわけです。

ところが、20セグメントの枠に対して、12セグメント分しか申請がありませんでした。ある程度予想されたことなので、総務省は参入しやすくなるために電波料を値下げしたり、(ここの表現は難しいのでツッコミ無用)、事実上プラットフォーム化させたり(ここもツッコミ御免)のですが、結局は8セグメント余りました。新規参入するスカパー!とフジテレビには、明確な理由がありますけどここでは書きません。

さあ、総務省は余った8セグをどうするつもりなんのでしょうか、非常に興味があります。

20140203_11024


その2 これで地上波で4Kは事実上放送できなくなった
私はアナログ跡地は全部4K放送を地上波がやればいいとずっと言ってきました。理由は簡単で、この周波数帯は帯域も狭く、波長も長いのでモバイル端末による高速データ通信にはそもそも向かないからです。また放送のようなサービスを進化させ続けるためには、ある日突然切り替えるのは不可能で、新しい場所で新サービスを開始しないといけないのです。つまりは、伊勢神宮みたいな式年遷宮方式がいいに決まってるわけです。これは先人の知恵ですよまさに。ホワイトスペースを使えば地上波局が4K放送を開始でき、(技術的にももう完全に見えているし韓国はそうしてる)一定期間のHDTVとのサイマルをすれば良い話だったのです。

中途半端に8セグ余らせるような免許を与えて、4Kも地上波で放送出来ない事になったわけで、一体誰得なのか私にはもうさっぱり訳がわからないわけです。今週の7日(金)に開催されるデジタル新年会には、総務省の南審議官も来られると聞いていますので、この話をしてみようと思います。

ともあれ、晴れてV-Highに参入される各局に於かれましては、普及拡大、より良いサービスのために、全身全霊で頑張っていただきたいと思います。

« 線でつながってることがデメリットになりかねないケーブルテレビ | トップページ | ラジオが好きなんですけど »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1877597/54841304

この記事へのトラックバック一覧です: V-High放送の追加認定で地上波の4K化が絶たれた:

« 線でつながってることがデメリットになりかねないケーブルテレビ | トップページ | ラジオが好きなんですけど »

フォト
無料ブログはココログ