デジタルのガジェット

2014年2月23日 (日)

パソコンもスマホもタブレットもモノとしての興味がすっかりなくなってしまった

昔はPCを自作してました。CPUがどうしたとか、オーバークロックとか、どのメモリーが速いとか。そのさらに前には、MS-DOSのConfig.sysをいじりまくって、いかにメモリーの空き確保するかを試行錯誤していました。

その次はケータイです。Datascopeっていう今でいうところのスマートフォンの走りみたいなのを使い倒したりしました。

そしてスマホとタブレットです。iPhoneは4までは持っていましたが、4S以降はなんだか何も変わっていなくて、モノとしての見た目も代わり映えせず、更に最近では半分近くがiPhone、行く場所、クラスターによっては9割くらいがiPhoneという気色悪さに辟易しています。まあiPad miniがメインコミュニケーターになってるんですけどね(説得力がイマイチ)
つまりなんかこうしたハードウエア、ガジェットが全然面白くないんです私には。結局のところメールとLINEとFacebookと乗換検索とアメッシュくらいがあればあとはいらないんですねえ。うん、全くいらない。

結局のところ上層?のせいぜい3割くらいまでの人が、身内の中でああだこうだ言っててるだけで、広く遍く世の中的にはどうでもいい。たとえばタクシーの相乗りアプリってのを見せてもらったんですけど、相乗り希望者をSNSで探しすんですよ、そんなのあり得ないでしょう。

ということを感じつつも、結局は模索を続けるんですけどね。

2014年1月19日 (日)

ウォークマンですら失敗と誤算を乗り越えてきたという事実

2本前のエントリーでも書いていますが、CESでのソニーの平井一夫社長兼CEOのKeynoteは本当に素晴らしかったと私は思います。ご覧になっていない方はぜひご覧ください。
動画は平井さんの前に登場した、全米家電協会CEAのシャピオ会長のオープニングスピーチから始めります。ちょっと長いですけど、ぜひ全編見ることを強くお勧めしたいです。




追記 こちらにテキスト(英・和)あります。

ご覧いただくとわかりますが、このKeynoteの中でもウォークマンの話が出てきます。それは決して懐古主義な論調ではありません。そしてコンパクトCDプレイヤー、PlayStationなどの人々に感動を提供した製品の話が続きます。しかし成功ばかりではなく、VHSに負けたベータマックスや、最近ですとmylodash(日本未発売)などの失敗事例の話が出てきます。

続きを読む "ウォークマンですら失敗と誤算を乗り越えてきたという事実" »

2013年5月11日 (土)

ライフログのためのライフスライスからmemotoへ

memotoというガジェットをkickstarterからオーダーしています。どんなものかというと、こちらのビデオを見て下さい。




GPS位置情報付きの写真を例えば30秒おきに撮影して、それをクラウドにアップロードしてシェアするというものです。実はこれと全く同じ事を11年前にやっていました。ライフスライスと呼んでました。


続きを読む "ライフログのためのライフスライスからmemotoへ" »

フォト
無料ブログはココログ